« 横浜関内と葛布 | トップページ | 富士山きれい3 »

2007年4月12日 (木)

幻のコーヒー復活

朝日新聞4/10付けの2面に同級生の記事が載りました。
紹介します。画像クリックすると大きくなります。
彼は中学高校時代の友人でクラブも一緒でした。
学校の成績が悪く(頭は悪くないようだ)いたずら小僧で、親がしょっちゅう学校から呼び出しを食っていたが、
本人はコーヒーに生きると宣言、高1からコーヒーの勉強、留学するにあたっての準備をしてきた。
 自分の夢を実現してきた男の見本である。
同級生ががんばっていると自分もがんばれる。
Img_0001_9

|

« 横浜関内と葛布 | トップページ | 富士山きれい3 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

一期生、みんなそろって五十歳。論語に言う「天命ヲ知ル」お年頃ですね。

投稿: ayaka | 2007年4月14日 (土) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/226708/6063066

この記事へのトラックバック一覧です: 幻のコーヒー復活:

» まずは、コーヒーの説明から [コーヒー]
「コーヒー」はアラビア語でコーヒーを意味するカフワ が転訛したものである。その語源は、元々ワインを意味していたカフワの語がワインに似た覚醒作用のあるコーヒーにあてられたという説と、エチオピアにあったコーヒーの産地カファ (Kaffa) がアラビア語に取り入れられたという説がある。 日本語で書くと「珈琲」である。... [続きを読む]

受信: 2007年4月12日 (木) 12時58分

« 横浜関内と葛布 | トップページ | 富士山きれい3 »