« 男たちの大和 | トップページ | 幻のコーヒー復活 »

2007年4月 8日 (日)

横浜関内と葛布

今朝 大桟橋に行きましたが、途中関内を通りました。横浜関内はオフィス街です。
昔、葛布が輸出商品の花形だった頃、この横浜港から,月に何万反もの葛布が海外に輸出されました。
私の父は、この横浜に輸出商社を設け,独自に海外取引を行っていました。
その事務所の所在地が関内です。
 英文で社名が書かれたドアー。タイプライターの音、油を塗った床  幼い頃の思い出があります。
 父は毎月横浜に出張、そのたびに、崎陽軒のシュウマイや外国のおもちゃななど買ってきてくれました。
エキゾチックな街。横浜。そんな印象でした。
 その後、葛布の輸出は終をつげ、今から28年ぐらい前に事務所をたたみました。
 葛布の歴史の1ページです。
いまこうして 横浜に来ていると 感慨深い思いがします。02_5

|

« 男たちの大和 | トップページ | 幻のコーヒー復活 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜関内と葛布:

« 男たちの大和 | トップページ | 幻のコーヒー復活 »