« 民芸館展 私の織物の見方 | トップページ | 木綿以前のこと »

2007年12月 6日 (木)

常夜鍋at 上海

私 友人や知り合い、染織に興味のある方 約200人にメールマガジンを出しています。
今日出したメルマガの一部を掲載します。
■男子厨房に入り浸り
常夜鍋 
 我が家に伝わる常夜鍋というものがあります。八百屋さんがほうれん草を売りにきたので 久しぶりにやってみることにしました。
母がラジオかなんかで 聴いてから、作り始めた鍋で、私が学生時代 下宿で友人を集めてやったのもこの鍋です
ほうれん草
椎茸
豚の三枚肉
 鍋に昆布で出汁を取り、土鍋にお酒をたっぷり飲ませます。
つけ汁は大根おろしに ポン酢を掛け好みの応じて七味唐辛子
鍋に三枚肉、ほうれん草、椎茸を入れ、煮上がったらつけ汁につけていただきます。
一晩中食べても飽きないから「常夜鍋」とか・・・・
 ほうれん草が安くなった冬におすすめの 簡単鍋です。豆腐を入れても良いでしょう。
ビタミンたっぷりのお鍋です。
 日本酒が進みますが、昨晩結構飲んだので、きょうはお預け。
そのかわり 葛花湯を飲みましたよ。二日酔いに良い薬です。
 美食家の水戸黄門が 肝臓の働きを良くする為に毎日飲んだとか・・・

そう、水戸黄門つながりで、テレビで黄門様が「越後のちりめん問屋の隠居」とか
言ってますが、ほんとうはこれは間違い。
 越後はちりめんではなくて縮が産地です。小千谷縮などが有名ですね。
そこにあった縮問屋 がモデルだそうです。そこで働いていたMさんから聴きました。
「越後の縮問屋」が正解だそうですが、脚本家が間違ってから「越後のちりめん問屋」になったとか。
閑話休題・・・・・・・
 
とメルマガを出したら 中国上海のS君。中学高校の同級生ですが、今上海に単身赴任中。
私のメルマガをよんで 鍋でもつつきたくなったらしく、作り方について質問の国際電話がありました。早速ほうれん草、豚肉買ってきたそうです。今夜は上海で常夜鍋!
 

|

« 民芸館展 私の織物の見方 | トップページ | 木綿以前のこと »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/226708/9279550

この記事へのトラックバック一覧です: 常夜鍋at 上海:

« 民芸館展 私の織物の見方 | トップページ | 木綿以前のこと »