« 葛布展 静岡ギャラリーワタナベカメラ | トップページ | 大地の染織 »

2008年9月15日 (月)

十五夜祭 事任八幡宮

 昨日9月14日 掛川 日坂の事任神社で 中秋の名月 の夜に 十五夜祭が執り行われました。
曇っていた空も 開始時間前には晴れ渡り 中空にまんまるのお月様が煌煌と輝き始めました。
 まづ 松明の明かりのなか 境内八角地 で大祓式を始めました。
八角形の中に八神の降臨を仰ぎ、その後本殿で神事を行いました。神事は古式に則って、
行われましたが、宮司はほとんど本宮に入って執り行うので、その所作は見えません。
その後 舞や楽の奉納があり 終わりました。 非常にしめやかで厳かな神事でした。
従来は公開する行事ではなく、神主が一晩かけて行うものだったそうです。
宮司、神官三人は今回 そろって葛布の装束をまとい、この行事に臨みました。
昨年、一昨年と 織り上げた葛布の装束3領がそろい踏みしたのは初めてです。
暗い中 葛布の白い装束が浮き上がる 幻想的な雰囲気を醸し出していました
とても感激しました。
 五穀豊穣を願う儀式が いままで公開される事もなく 連綿と行われていた事に驚きましたし、
そうした、祈りに私たちは守られていたと感じた ひとときでした。
 神事のため 写真撮影は出来ませんでした。

|

« 葛布展 静岡ギャラリーワタナベカメラ | トップページ | 大地の染織 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜祭 事任八幡宮:

« 葛布展 静岡ギャラリーワタナベカメラ | トップページ | 大地の染織 »