« おめでた | トップページ | 中島みゆき 糸 »

2009年1月11日 (日)

日経新聞 春秋 の記事

 友人の川島君の記事が本日付けの日経新聞に掲載されましたので 転載します。
彼の本は先日「コーヒーハンター」で紹介しましたが 今度は新聞の全国版です。
彼のブログ記事はここです。
http://kudzu.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-ceb9.html


春秋(1/11)
 シャンパンボトルの封を切りコルク栓をゆっくりと抜く。ポンという音と共にあふれたのは泡でも酒でもなく、焙煎(ばいせん)直後のコーヒー豆の豊かな香り。大手コーヒー会社役員を50歳過ぎで辞めた川島良彰さんが、一風変わったコーヒー豆の会員制販売を始めた。

▼伊達や見栄(みえ)ではない。農園開発に長年携わった経験を生かし、パナマなど4カ国で畑や樹の選定から摘む日、洗浄法まできめ細かく指導した。究極のコーヒー体験を届けるため関心は最後の包装に至る。焙煎豆の香りを家でもっと楽しめるように、たどり着いた結論が炭酸ガスの圧に耐えるシャンパン瓶だった。

▼世界のコーヒー豆の相場は、1990年代に投機資金の流入で暴騰し、その後2001年には生産増による供給過剰で大暴落した。川島さんは消えていく農園を目の当たりにする。作り手、売り手、飲む人がうまく共存でき、自然環境の保護にもつながる仕組みはないか。模索が始まった。

▼良い豆をじかに調達し説明付きで売るのもその一環だ。援助や補助金より、技術を磨き、いい物を作ることで農村は強くなると考える。価格は1セット10キロで30万円超。景気の急な落ち込みで、独立した2年前の想定より厳しい船出となった。コーヒー豆で生産者と消費者を直接結びたい。川島さんの挑戦が続く。

|

« おめでた | トップページ | 中島みゆき 糸 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日経新聞 春秋 の記事:

« おめでた | トップページ | 中島みゆき 糸 »