« 小堀遠州の葛布 | トップページ | macbookpro »

2009年11月 6日 (金)

葛布の偽物?

 芭蕉布の平良さんと話していると「芭蕉布の偽物が多いのよ」と宣う。芭蕉の繊維をレーヨン化して「芭蕉布」として販売しているのは まだ理解できるが、(平良さんは納得しないとは思う)
はっきり紡績糸と言ってくれるのなら、本当ではないが嘘でもないので少し納得すると思う。
「夏芭蕉」とか「絹芭蕉」とかに至っては???である。これは絹糸を精錬せずにつかって織った物である。中国製の綿プリント 芭蕉布に似た地色に琉球絣のプリントを見たことがある。なんちゃって商品なのだが、これが沖縄土産として売られているなると?ではある。
 さて、葛布にも偽物がある 。主にふすま紙の中で「新葛布」とか「吉野葛布」とかの名称で売っているものが現在でもある。葛の糸は全く使っていないし、葛布の風合いでもない。単なる名称なら良いのだが、お客さんが「うちのふすまは葛布なのよ」と思い込んでいる場合は 実害がともなう。是非是正してほしい。 昔、某有名ハウスメーカーが 葛布を写真撮りしてビニール壁紙にプリントしたものを「中国葛布」と呼んでいたのにはびっくり。糸結びまで再現したビニール壁紙だったが・・・。
 時折、葛布のカーテンが壊れたから修理してほしいとの 問い合わせがある。当社のものではないが
見てあげると 8割ぐらいは 葛布ではなく 麻である場合が多い。これは、葛布の業者が「葛布」と言って販売していた可能性があり たちが悪い。土産物でも動力機械織りのアバカを葛布と同じ棚に置いてある場合は 買い手にはほとんど見分けはつかない。これも是正してほしいものである。
 マニラ麻を葛布といったり、菅のような織物を葛布といって 修理に来る物もある。これは骨董やから買った例が多い。知っていて葛布と言ったのか、知らずに葛布と言ったのか? 
 以上はふすま紙やカーテンなどであった偽物?だが、呉服で「葛布」というのが
オークションで出品されていたのにはびっくり。正絹と品質は表示されているので多少良心的?ではあるが、買った方が「葛布」という商品名の着尺を買ったと思うか、「葛布」を買ったと思うか微妙である。
 偽物がでるのは 有名な証拠であるとは言うが 芭蕉布ならともかく あまり知られていない「葛布」に偽物がたくさんあるのは 如何なものか?

Konjyaku72img600x4501257404864biplj


|

« 小堀遠州の葛布 | トップページ | macbookpro »

染織」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葛布の偽物?:

« 小堀遠州の葛布 | トップページ | macbookpro »