« 7th Heaven | トップページ | 4月仙台の雪 »

2010年2月27日 (土)

家宝の壺

 家宝の壺の紹介
とはいっても 有名産地のものでもないし、値打ちのある物ではなりませんし、作家物でもありません。年代物ではあるけど、駄器です。でも 美しいと思っています。
 じつはこれ 我が家で50年も使っている 壺 主に梅干しを入れる小さい壺でした。
ある朝 この壺をしげしげ見ていると なんだかすばらしい気がしてきました。少なくとも50年は経っていますし、形も良いです。蓋の造形もしゃれている柿の形の壺です。
 磨いてみるとなかなか かっこいい これはお茶の 干菓子入れにでも昇格させようかと思っています。
 この壺を眺めると 私が前に住んでいた古い家の食卓の風景を思い出します。子供の頃の私と、若き頃の母の気配がしてきます。 と云うわけで我が家の家宝に 昇進した壺をご覧に入れます。Dscn2114


|

« 7th Heaven | トップページ | 4月仙台の雪 »

お茶」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家宝の壺:

« 7th Heaven | トップページ | 4月仙台の雪 »