« 東京スピニングパーティー2 | トップページ | 3000年前の亜麻布 »

2010年9月13日 (月)

お茶会

同じ社中の青嶋利陶さんの個展が 新宿京王デパートで行われています。
東京スピニングパーティーの帰りに 私も寄ってきました。
 素晴らしい お茶道具の数々 ほしいものもありましたが 私の財布ではまだまだ買えません。
師匠の浅井宗兆先生もいらっしゃいましたのでご挨拶。
 その後横のお茶室で お茶会がありました。
青嶋さんの茶碗を使ってのお茶会でしたが、今回は裏千家の先生でした。
 二人点前という大変珍しいお手前でした。台子を中心に二人が向き合ってお茶の点前をします。
主客も二人 宗兆先生とその横で 私がその席につかせていただきました。
 シンクロスイミングを見ているように二人の点前が一致して とても興味深い。

 茶入れは 中国の鳥の餌入れを見立てて 牙蓋をつくり添えていました。いろいろな工夫があって
とてもおもしろかったです。でも床の軸は松花堂の消息文 「お弁当がどこかへ行った訳ではありませんので念のため」
 ほんとうにおもしろかったです。お茶って良いですね。
青嶋さんの展示会は水曜日まで。お出かけください。

|

« 東京スピニングパーティー2 | トップページ | 3000年前の亜麻布 »

お茶」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お茶会:

« 東京スピニングパーティー2 | トップページ | 3000年前の亜麻布 »