« 九州の自然布 | トップページ | 2013年謹賀新年 »

2012年11月29日 (木)

へそくり

11月22日は良い夫婦の日だったそうで、私のところにもテレビ取材が入りました。

さて その後 夫婦のヘソ繰りの額について調べたら 妻が夫の3倍も持っていたとの調査結果が出たそうです。
 そこでフジテレビから へそくりの語源の 綜麻(へそ)の写真はないかと問いあわせがありました。 写真を送りましたが 結局番組では放送されませんでしたので、代わりに私が へそくりの 語源となった ヘソ玉を皆さんにお見せします。
 昔 夜なべ仕事で作った 糸をヘソ玉にして、それを売った収入は女性のものになったとのこと そこから 綜麻を繰って玉にすることを へそくりと云ったのです。 画像は 関川しな織協同組合から提供です。これはシナの糸です。
現在、ヘソ玉を作るのは シナ布だけになってしまいました。
 織物から派生した言葉は多いですね。 
Rimg0262

|

« 九州の自然布 | トップページ | 2013年謹賀新年 »

文化・芸術」カテゴリの記事

染織」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へそくり:

« 九州の自然布 | トップページ | 2013年謹賀新年 »