« 手織りを仕事に 2 | トップページ | 手織りを仕事に4 5W1H »

2015年8月12日 (水)

手織りを仕事に 3

豊かさとは本来お金の多寡ではない。しかし現代社会においてお金はある程度必要である。 ましてや手織りを仕事にするということは 作品をお金に換えるということである。 

 手織りという仕事をしている方は 本質 豊かである。素材に向かい、染色に携わり、一本一本織り上げて布にする手仕事ほど 豊かな生活はない。
 基本 才能も意欲も努力もない方は豊かになれない。しかし手織りを仕事にしている人は 才能も、能力も有り余るほど豊かである。その豊かさの一部をお金に換え、生活の安定に変える手助けができると思う
 実際、私が大井川葛布を起こしたとき、何も無かった。しかし全てが有った。
内包されていた。それを 少しずつ絡まった糸をほぐすように現象かしていった。その経験を踏まえて 語っていきたい。

|

« 手織りを仕事に 2 | トップページ | 手織りを仕事に4 5W1H »

染織」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/226708/61132938

この記事へのトラックバック一覧です: 手織りを仕事に 3:

« 手織りを仕事に 2 | トップページ | 手織りを仕事に4 5W1H »