« すすきと葛布 | トップページ | 手織りを仕事に 2 »

2015年8月12日 (水)

手織を仕事に

「手織が生計を立てる仕事になり得るだろうか?」

染織をめざして勉強している若者たちが抱える疑問の第一であろう。
 最近は染織が生活の一部として、染織品も売り、農業をやり、バイトもやり、生活していこうとする若者も出てきている。染織が生活の一部として行くことに 新しい潮流を見ることができる。
 結婚をして 生計の主要部分を夫に(または妻)に任せて、染織をしている方もいる。その中には 伝統工芸展など ハイレベルな展示会に入賞するような方もいる。生活に追われて 特別な作品を作る時間のないプロより 生活の不安無く、コンペ用の制作に充分時間を掛けて入賞、受賞する方が最近は増えてきているようだ。
 止まれ、いろいろな染織作品のあり方があるだろうが、その方たちは「生活」できているので、私ごとが四の五の言うことはない。

 私が気にとめているのは「プロとして染織で生活をしていこう」としている若者である。染織の学校に通い、工房で修行を積み、染織で自立しようとしているが、躊躇している人、すでに作家として自立しているが、なかなか作品が売れなくて、バイトや派遣社員になって生計の足しにしている人。
手仕事を手織を仕事にしている方にエールを送りたくて 老婆心ながらこのコラムを綴ってゆこうと思う

http://www.kuzufu.com/cn64/pg459.html

P1300002

|

« すすきと葛布 | トップページ | 手織りを仕事に 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/226708/61132704

この記事へのトラックバック一覧です: 手織を仕事に:

« すすきと葛布 | トップページ | 手織りを仕事に 2 »